はじめての手話
ribbon

スクールで手話を学ぼう

聴覚に障害がある人は、健常者のように日本語による会話が、なかなかできません。
そこで考案されたのが、手や指をはじめ、顔の表情や身体の部位を使って意志を伝える「手話」です。
文字通り、手などを利用して会話をする、いわゆる視覚言語であり、日本語とは語彙や文法などが異なった言葉になっています。
(続きを読む...)

未分類 | 10月29日更新
ribbon

手話の歴史を知ろう

健常者は耳から音を取り入れることができることから、人が発する音の高低や強弱などの変化を『言葉』として理解することができます。
そのため健常者であれば、意識しなくても口から言葉を発して他の人と会話できることから気が付きにくいのですが、私たちは言葉を発せず何かを頭の中で考えている時も、実は日本語を使用しています。
しかし、聴力に障害がある人は、音で言葉を理解することができないため、目で見る、いわゆる「視覚」が意味するものを『言葉』として受け入れています。
その目に見える『言葉』を体系づけて、全ての利用者が理解できるものとして考えられたのが「手話」という言語です。
こうした成り立ちのため、日本語とは異なる独自の語彙や文法体系を有しています。
(続きを読む...)

未分類 | 10月29日更新
ribbon

海外でも手話はつかえる?

聴覚に障害があり、健常者のように口から発する言語を聞き取れない人のために視覚に訴える言葉として考案されたのが「手話」です。
その名の通りに『手で話す』という言語であり、表現するためには手だけでなく指や表情、そして身体の部位などを利用して、思ったことを伝えます。
(続きを読む...)

未分類 | 10月29日更新
ribbon

手話通訳士になるには

身体に障害がある人でも普通に暮らせるような社会を作り出すために、あらゆるもののデザインを考えるようとする動きが世界中で進められています。
それは、「ユニバーサルデザイン」と呼ばれるもので、その考え方は、物の形などだけに留まらず、サービスの面でもバリアフリーな社会を作り出すための原動力となっています。
最近、TVなどで画面の隅の方に手話通訳士がワイプで抜かれて登場し、アナウンサーが伝えるニュースなどを手話に『翻訳』する番組が作られるようになったのも、こうした考え方によるものです。
ちなみに、政府が公式に政策などを発表する場には、今は必ず手話通訳士が同席して翻訳するようになっています。
こうした動きもあって、現在は手話通訳士はというものが職業の1つとして広く認知されるようになり、資格を取りたいと思う人も増えてきました。
(続きを読む...)

未分類 | 10月29日更新
ribbon

手話に必要な「指文字」とは

健常者であれば、口から発する言語で会話することができます。
しかし、耳に障害がある人は言葉を聞き取れないため、お互いの意志疎通をするのに苦労します。
実際、昔から、耳が不自由な人に何かを伝えるために、健常者はもちろん、耳が不自由な人同士でも、ジェスチャーなどボディランゲージを利用して意志の交換をしてきました。
それらが、いつしか「手話」という形になり、やがて全国的に共通する言葉としてまとめられ、現在に至っています。
(続きを読む...)

未分類 | 10月29日更新
ribbon

手話であいさつしてみよう

身体に障害がある人でも、自分の意志に沿って普通に暮らすことができる社会のことを「ユニバーサルデザイン」と言います。
ユニバーサルは、日本語で「普遍的な」とか「全体の」ということを意味している言葉ですが、その通りに『すべての人を対象とするデザイン』によって、例え、年齢や障害などの問題があっても、できるだけ多くの人が利用可能になる社会を構成するデザインが、日本でも採用されるようになってきました。
そうしたユニバーサルデザインの1つに手話も含まれます。
最近、TVなどでも画面の隅に手話を使う人が出てきたりすることも多くなってきましたが、これもユニバーサルデザインの考えから導入されたものです。
(続きを読む...)

未分類 | 10月29日更新
ribbon

手話の基本単語を覚えよう

耳が不自由な人が会話をするために生み出されたのが「手話」です。
手や指、そして表情や身体の部位などを駆使して、自分の思いを相手に伝える『視覚言語』であり、日本はもちろん、世界各国で利用されています。
その手話ですが、あくまでも会話をすることが中心になるため、基本的には、私たちが使う日本語を『翻訳』するものではありません。
ただし、全ての手話がそうであるわけではなく、日本語の言語体系に沿うように考えられた「日本語対応手話」というものもあります。
(続きを読む...)

未分類 | 10月29日更新
ribbon

困ったときには手話辞典

耳が不自由な人が会話をするのに用いる「手話」。
最近では、ニュース番組で画面の隅に手話の解説者が出ていたり、政府の発表の場に同席したりするなど日常生活でも目にする機会が増えてきました。
こうしたこともあって、手話を学ぶ人も多く、そのような人を対象としたNHK「みんなの手話」も放映されていますし、手話の検定試験も行われています。
ちなみに、手話の検定試験は主催する団体が異なる手話技能検定と手話検定の2つがあります。
(続きを読む...)

未分類 | 10月29日更新
ribbon

手話検定を取得しよう

耳が不自由な人が、他の人に自分の意志を伝えるために、手や指を使って会話するのが「手話」です。
日本はもちろん世界で、早くからボディアクションを含めた表現が考えられてきました。
その日本版を「日本手話」と呼びます。
ちなみに、自然発生的に生み出されてものも多いことから、地方によって表現が違い、いわゆる方言があります。
こうした歴史があるため、手話では、日本語とは異なる独特の文法が使用されています。
(続きを読む...)

未分類 | 10月29日更新
ribbon

初めての手話

身体にいろいろな障害を持っている人はたくさんいます。
昔と違って、日本でも障害がある人でも普通に暮らすことができる、いわゆる「ユニバーサルデザイン」が、いろいろな形で取り入られることが多くなってきました。
それらの中でも、聴覚に障害がある人のための手話は、最近では、例えば、政府の官房長官が行う発表の席には手話で解説する人が必ず付くなどの配慮がなされるようになってきています。
聴覚が不自由な人に対して、手や指を利用して言葉を伝えるのが手話ですが、日本語とは異なった語彙や文法を用いていて、健常者が言葉を耳で聞くのと同様に、耳に障害がある人に対して目で言葉を伝える「視覚言語」です。
(続きを読む...)

未分類 | 10月29日更新